スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

スネークアイ

IMG_1710_b_a.jpg
光を嫌うので薄暗い所で撮影をしたから瞳孔が開き気味なんで
わかりにくいですが微妙にスネークアイです
瞳孔から鼻先にかけて薄っすらとですが^^;

RAPTORやAPTORラインではなく
トレンパーアルビノ同士から生まれてきた変り種です

ブリザードではスネークアイの子供が生まれまて来ることがたまにあります
RAPTORのルビーアイはブリザードの延長線上かと思っていたんですが
意外とこんなところから誕生したのかもしれないですね
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

19 : 53 : 12 | 遺伝云々 | コメント(0) | page top↑

色も体系も遺伝する

昨年生まれのハイポです
ハイポは数多くのベビーが生まれても中々コレは!
と言った子に当たるのは少ないんですが
そんな中で昨年生まれのこの子は2006の中でもBest に近いんじゃないかと

この親子を見て体系や色が子に遺伝すると言うことを疑う人は少ないでしょう
母親はフルサイズで55gほどで小柄な部類に入るかと思いますが
そのあたりも遺伝したのかLe0615も中々50gの壁を突破出来ず今シーズンの繁殖は残念ながら見送りましたが、来期は万全な体制であっと驚くようなベビーを産んでくれる事に期待です。

Le0615(母Ht0505x)
DSC04757_a.jpg

Le0505x
DSC04760_a.jpg


変わってLe0601この個体 体系は父親 体色は母親と両方の遺伝子を受け継いだ感じです。

Le0601(母Ht0502x)
DSC04758_a.jpg

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

22 : 41 : 10 | 遺伝云々 | コメント(0) | page top↑

『遺伝』 マックスノー

マックスノー(以下MS)はレオパのミューテーションの中でも数少ない共優性遺伝する種類となります。MS×MS=MSではなく全く違った表現系であるスーパーマックスノー(以下SMS)になります。ではMSはSMSのヘテロでいいんじゃないの?と思われるかもしれませんがアルビノの様にヘテロ=ノーマルの表現系ではなくMSと言う1つの表現系として生まれてくるのです。更にマックの場合ノーマルと掛け合わせても50%の確立でMSが誕生するのです。
こう言った表現形態を共優性遺伝と呼びます。
【マックスノー】
DSC02810_t_t.jpg

マックスノーは黄色色素の出方に差はありますが概ね他の種と比べると違いのわかる個体が多いです。↑の個体は黄色の色素の少ないとても綺麗なマックスノーと言えると思います。

【マックスノー(hetトレンパーアルビノ)】
DSC02754_t_t.jpg

まだ幼体でこの先成長に伴い変化していきますが、黄色の色素はこのまま残るでしょう。

【スーパーマックスノー】
DSC02772_t_t.jpg

黄色~橙色の色素が発生しない美しいモノトーン調のレオパです。
目はオールブラックアイになります。

スーパーマックスノーは自体が1つの完成系であるにもかかわらず、レオパの新たなる出発点でもあります。これからスーパーマックスノーとのかけ合わせにより・アルビノ・ブリザード・パターンレスなど様々なスーパーマックが誕生するでしょう。

【マック発生率】
スーパーマックスノー×スーパーマックスノー = 100%スーパーマックスノー
スーパーマックスノー×マックスノー = 50%スーパーマックスノー/50%マックスノー
スーパーマックスノー×ノーマル(No) = 100%マックスノー
マックスノー×マックスノー = 25%スーパーマックスノー/50%マックスノー/25%No
マックスノー×ノーマル = 50%マックスノー/50%ノーマル


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

23 : 23 : 23 | 遺伝云々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『遺伝』 アルビノ

前回アルビノについて少しふれた時の復習になりますが。
アルビノには幾つかの系統があり系統ごとに独立した遺伝子を持っていて、他系統をクロスしてもアルビノは生まれません。各系統ごとに長所・短所があるのですが、ウチではトレンパーのラインのみを親種として導入しています。
日本で流通しているアルビノとしてよく知られているのは、トレンパーとレインウォーターです。
レインウォーターアルビノは成長過程にて比較的黒化しにくくアダルトになっても綺麗な個体が多いです。
トレンパーアルビノは低温で飼育すると黒化しやすいと言う特徴を持っています。がアルビノに残る黄色の色素がが多く残る個体が多くそれを選別交配することにより より白く・より黄色~橙へとグレードアップさせて行く事により、アプターやラプターなど一見アルビノとは思えないような美しい個体が誕生しています。
飼育環境や好みにより選ぶことになると思いますが、販売されている流通量は圧倒的にトレンパーアルビノが多いです。

ココから先はトレンパーアルビノについての色と温度の関係です。
上記でも述べましたが、低温で飼育すると黒化しやすいというのは事実です。何度位で黒くなるのかと言うことについては正確に把握している訳ではありませんが、30℃~32℃の間で飼育することにより黒化を防ぐことが可能であると言うことは間違いないでしょう。
色と温度の関係は卵の時点から影響してきます。
同じタンジェリンアルビノの親から生まれた子でも27℃~29℃で卵を孵化させた場合メラニン色素の影響で薄茶色のアルビノが誕生します。逆に32℃で孵化させたアルビノはメラニン色素を発生させずに生まれて来る事がわかっています。
ただし温度のみで色が決定されるのではありません元々その個体が持っている遺伝的要素の上に色と温度の関係が成り立っていると言う事を知る必要があります。
最後に温度が色に影響する事実は間違いありませんが、温度が遺伝子に影響しているかどかは現時点では解明されていません。

【ジャングルパターンのトレンパーアルビノ】
DSC02833_t_t.jpg


【マックアルビノ(トレンパー)】
DSC02825_t_t.jpg


◆07シーズンからアルビノの1つの完成系である白いボディーにリアルレッドアイのアルビノが日本でもお目見えする事になると思います。
2つの全く違った遺伝を持つトレンパーのディアブロブランコとマックのスーパーマックアルビノです。ディアブロブランコはアルビノブリザードとラプターがベースの様です。体はパターンレスですがアルビノブリザードの宿命である体の黄色化はどうしても出てきてしまうでしょう。ただリアルレッドアイであることに違いはありません。
スーパーマックアルビノはスーパーマックの特徴である黄~橙色の色素は発色しないでしょう。しかしベースがアルビノですのでパターンは間違いなく出るでしょう。目はルビーアイになります。
どちらが好きかは個人の好みによるところが多いと思いますが、我が家ではマックアルビノからスーパーマックアルビノを目指します。
♂のやる気次第ですが今シーズン是非とも自家製スーパーマックアルビノを誕生させたいものです。


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

23 : 23 : 23 | 遺伝云々 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

『遺伝』 ハイポタンジェリン

ハイポタンジェリンは優性遺伝であるのは間違いの無い事ではあると思うのですが・・・
例えば完全に優性遺伝であるとしたならば 生まれてくる子供は1/2がハイポ残る1/2がノーマルとなるはずですがそうはなりません。
またハイポ×ハイポ=ハイポとならず親よりピグメントの多い子が生まれることも多々あります。
≪ハイポメラニスティックの遺伝にも幾つかの系統があり他系統同士では逆にピグメントの減退を逆行させる≫と言う風に考えてみると幾分納得も行く様に感じますがそれだけでは語れない何かが・・・例えば隔世遺伝であったりはたまた共優性的な部分が・・・などなど^^;

ココまでお読み頂いた方すみません^^;
結局の所遺伝云々はおいといて自分の気に入ったハイポ同士を掛け合わせ更に自分好みのレオパに選別交配していく。 それでいいんです
オレンジの強い子を目指してみたり、100%キャロットテール狙いなどなど^^
ハイポ系のレオパの価格は一気に暴落しましたが^^;逆に自分の好みの系統の子を導入しやすくなったとも言えますし^^
ますますハイポ系の飼育者が増えグレードの高い個体が誕生してくれればと思っています。

【2006スーパーハイポ同士の交配】
DSC02732_t_t.jpg

DSC02709_t_t.jpg


【上記の子 共に同腹兄弟でありながらピグメントの出方には大きな差が出る】
0609-005_t.jpg

0601-006_t.jpg


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

11 : 40 : 12 | 遺伝云々 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QR

にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
3331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
86位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。