スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

デレアニ

NCM_0095.jpg


【デレアニ】

学 名 :Nephrurus deleani(イシヤモリ亜科タマオヤモリ属)
和 名 :デリーンタマオヤモリ
生息地 :南オーストラリア ピンバ周辺
最大全長:130mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等
生 態 :
最大で全長13cm程度。体色は茶褐色から乾燥した黄色っぽい土色までバリエーションに富み、背中の模様は独特で各個体違った模様になる。尾は細く先は丸い球状の形をしている。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で荒野や砂漠地帯に生息し、日中は地面に掘った穴でで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可能。砂漠の砂等を敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体が多いので、週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える。餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する様にする。適温は28℃~32℃
追記  :
南オーストラリアのピンバ周辺の限られた地域にのみ生息します。生息域が非常に狭く中々お目にかかる事の出来ない希少種ですが、飼育は意外にオーソドックスでレビスと同じような間隔で飼育可能です。サイズも全長130mm程度とレビスと同じ程度なのですが、尾が小さい分一回り程大きく感じられます。
今シーズンから飼育販売を始め来年の繁殖を目指していますのでまだ手探り状態な部分が多く、細部は今後修正いきたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

12 : 11 : 11 | タマオヤモリ | コメント(0) | page top↑

ナメハダタマオヤモリ

IMG_4097_i.jpg

【レビスレビス】

学 名 :Nephrurus levis levis(イシヤモリ亜科タマオヤモリ属)
和 名 :ナイリクナメハダタマオヤモリ
生息地 :オーストラリア内陸部(中部)
最大全長:130mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等
亜 種 :
ナメハダタマオヤモリは地域別に3亜種に分けられる。
タマオヤモリと言えば通常N.l.levis/レビスレビス
を指す事が多い。他の2種
N.l.occidentalis/レビスオッシデンタリス/ニシナメダダタマオヤモリ
N.l.pilbarensis/レビスピルバレンシス/ピルバラナメハダタマオヤモリ
についてはここでは割愛する。(機会があればまた紹介させて頂きます)
生 態 :
最大で全長13cm程度。体色は黒紫から茶褐色で体には白色のスポットが入る。尾は栄養を蓄えるとうちわの様に広がり先は丸い球状の形をしている。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で荒野や砂漠地帯に生息し、日中は地面に掘った穴でで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可能だがよく穴掘りをするので床材は目の細かい砂状のものを3cm程敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。神経質な面があるので、基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体が多いので、週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える。餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する様にする。適温は28℃~32℃
追記  :
神経質な一面がありますが、必要以上のストレスを与えなければそれほど気にする事はありません。比較的乾燥にも強いです。ケージ内にウェットスポットを常設するのが理想ですが、全体的に湿った状態が続くと良くないので、その場合乾燥した環境をベースに1日に1度霧吹きで部分的に湿度を上げると言う方法でも飼育が可能です。
当方では2006年から細々ではありますがナメハダタマオヤモリの繁殖をはじめて今年で8年目になります。累代で血が濃いくなる事を避けるため、2年置きに親種の入れ替えをしています。基本メスは自家繁殖個体を使用しオスを入れ替えています。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

15 : 04 : 21 | タマオヤモリ | コメント(0) | page top↑

ブラックナイト(メラニスティック)のベビー

NCM_0166.jpg

ブラックナイトのベビーが生まれました
残念ながら今年もF1です
昨年は4つ産卵して2匹孵化全部メスだったので
今シーズン戻し交配出来ず『無念!』の一言
只、今年もわずかですがベビーが孵っていまして
来年の繁殖のためにも、是が非でもオスを確保したいです!

ここまでは
昨年マックスノーとかけ(スノーはとれず)
今年はハイイエローと言う事で
良い様に考えればスタート時点である程度血統を分散出来たと捉えれば悪くはなかったのかな?
ココを第二のスタート地点と仕切り直して
自家繁殖個体をクロスさせていって理想の個体を誕生させたいものです

話かわりまして今年急遽時間が出来たのでジャパンレプタイルショーに遊びに行ったんですが
JMGのブースでブラックパールが販売されてまして
同じメラニスティック系と言う事で
『質問があったらお気軽にどうぞ~』と言うお言葉に甘えて色々お話をお聞きさせて頂きました
遺伝には複雑な要素が絡み合っている様で
繁殖計画も含め今後の行く先を再確認する事が出来ました
その時の話の内容などは次の機会にでもと思っています


テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

12 : 35 : 59 | ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0) | page top↑

アンダーウッディサウルスミリー



【アンダーウッディサウルスミリー】

学 名 :Underwoodisaurus milii(イシヤモリ亜科アンダーウッディサウルス属)
和 名 :ナキツギオヤモリ 
生息地 :オーストラリア南部
最大全長:160mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等(個体差はあるが慣らせばピンセットからの給仕も可能)
生 態 :
最大で全長16cm程度。体色は黒紫から茶褐色(ハイポ個体も存在する)体全体に黄色のスポットが入り尾は黒く白色のバンドが入る。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で乾燥した森林や岩石地帯に生息し、日中は岩陰などで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可。穴掘りはほとんどしないので、砂漠の砂等を薄く敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。広さがあれば複数飼育も可能だが、相性が悪い場合はすぐに単独飼育に戻す様にする。雄同士は繁殖期など喧嘩やトラブルを避けるため基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体もいるので週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える基本置き餌(生餌)だが慣らせばピンセットからの給仕も可能。但し餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する事。適温は28℃~32℃比較的低温にも高温にも強く25℃~35℃位なら問題ないが蒸れには要注意、特に高温の場合は風通しを良くする事。
追記  :
同じオーストラリアに住むタマオヤモリとはイシヤモリ亜科は同じですが、ミリーはアンダーウッディサウルス属として別グループに分けられます。基本的な飼育は同じで今まで飼育してきた地表性イシヤモリOZゲッコーの中では、飼育も容易でオニタマと並んでお奨め出来るヤモリです。
よく価格的な面も含めタマオヤモリの代役的なポジションとして見られる事が多い本種ですが、上記にも述べた通りとても魅力的な種で、少し大きめのケージにテラリウムを作り上手くバランスを取りながら複数飼育をすればミリーの良さを十二分に味わう事が出来るでしょう。
定期的にヨーロッパ、アメリカからCBが入荷していて通年在庫はしていませんが興味がございましたら、まずはお問い合わせ頂けると幸いです。
当方でも昨年から数ペアの親種を確保していて、来年から自家繁殖個体の販売を予定しています。
     

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

13 : 54 : 46 | アンダーウッディ | コメント(0) | page top↑

ホワイトアウト

手足が短くてニシ板ダックスてな感じで妙に可愛いです。ホワイトアウトは、個体差に幅があり自分好みの子を探す楽しみがありますね
メスなんですが、現在38gあと二周り程成長させれば来期の繁殖も十分に可能です
一応相方にとスティンガーを、連れて帰って来ていますがこちらはまだヒョロッとした体型なんで、落ち着いたら画像upしたいと思っています



販売も可能ですのでご興味ありましたらお問い合わせ下さい
23 : 38 : 16 | ニシアフリカトカゲモドキ | コメント(0) | page top↑

オニタマ

東京レプタイルズワールドの後にやって来たオニタマのアミアエです

NCM_0067.jpg

オスメス揃えて一緒に放り込んで・・・
卵産んだんだけど無精卵・・・
1回産んで終了。
見事予想通りの結果でした
ここまで予想通りだと気持ち良し
来年に向けてまずは栄養たっぷりプクプクにと
制限なしに餌を与えたらとんでもない事に

NCM_0065.jpg

来年の繁殖を考えると少しダイエットも必要か?てな体系に
オニタマはきっちり餌を与えてベストな状況に仕上げると
ホント犬のブルドックみたいなコロコロ体系になります
繁殖を考えないのならこれでOKいかついイメージのあるオニタマも癒し系に大変身です
高い所が好きなのかどうかはわかりませんがこのポジション
コレってワザワザ写真の為にここに置いたんじゃなくて
夜間消灯後の彼女のベストポジションです
で、電気を付けたら『うっわっ』目があった的な感じの沈黙が数秒・・・
微妙な空気が流れた後、お広間の定位置シェルターの中へとのそのそと戻って行くんです
電気を消してちょい待つとまたここにてな具合です
お値段の話になるとちょっと~的なところはありますが
レビスの様な小難しい所もなくNephrurusの中では1,2を争う飼育のしやすさ
ホントおすすめヤモリです
霧吹き→エサ投入を繰り返すと、霧吹きしただけで出てくるようになる可愛い奴です
当然慣らすとピンセットからでも給仕OK(個体差はあると思いますが)
来年は是非とも自家繁殖個体を誕生させたいものです

この個体は販売できませんが
もう1ペア繁殖用に育成中の個体がいまして(来季繁殖可能サイズです)
こちらは販売も可能ですので興味ございましたらご連絡下さい

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

19 : 04 : 16 | タマオヤモリ | コメント(1) | page top↑

2013スーパーハイポ

スーパーハイポの孵化もはじまりました。
今年はそれ程数はとれていませんが、面白そうな個体もチラホラ見かけます。
18 : 25 : 25 | ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QR

にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
51位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。