スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

誤算

NCM_0211.jpg

あまりよろしくない方の誤算です
サヤツメメスが抱卵してしまいました
ヤングアダルト位から個別飼育していたので産んでも無精卵確定なんで
ペアリングしたいんですが
オスはやる気まったくなさそうです・・・
それでもかすかな期待を込めて同居させてみましたが
多分・・・ダメでしょう
サヤツメ・ニシはオスメスのタイミングを合わせるのが難しい
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

19 : 40 : 12 | 『サヤツメトカゲモドキ』 | コメント(0) | page top↑

ワイルドレオパ モンテン

NCM_0204.jpg

Wild Caught Leopaed Gecko/Eublepharis macularius montanus
ワイルドレオパ モンテン
個人的にワイルドのヒョウモントカゲモドキの中で一番カッコ良いと思う個体群
只でさえ最近入荷の少ないワイルド個体ですが、今回やって来た個体達は状態も言う事なしです
当然ワイルドですので見た目ガリガリな奴もいますが
餌を食べてしっかりした糞をしてくれれば立ち上げる事はそう難しくありません

NCM_0195.jpg

モノトーンぽくかっこいい色合いですが飼育下で状態よく育てると黄色が発色してくるかも?
期間限定バージョンになってしまう可能性も無きにしも非ずと言ったところでしょうか
今回入荷した個体達はすべてブリード用と言う事でワイルド個体の販売はありませんが
今から2か月きっちとメンテナンスしてクーリングの後来春ワイルドF1はうまく行けば販売予定です

NCM_0197.jpg

NCM_0201.jpg

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

15 : 25 : 11 | ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0) | page top↑

ブラックナイト【メラニスティック】

NCM_0185.jpg


2年前にウチにやって来たブラックナイト(メラニスティック)
来た時はちっこくって真っ黒でホント感動したんだが
あっと言う間にハイイエローになり下がりなんじゃこりゃ?とっ
???な品種でありましたがあれから2年
何となく黒っぽく成長しメラニスティックと言われりゃまぁ~
と言う位には落ち着いてまいりました

中々掛からない、卵少ない、孵化率悪いの三重苦ではありましたが
何とか2年で4匹増え彼女の一族も計5匹に
今年は何とかオスもとれたっぽく
来年から本格的にブリードしていく予定です
劣性遺伝とも言われていますが不確定な部分も多く
更に個体毎のクオリティーなんかを見れば判るかと思いますが
ラインブリード的な要素も大なので
気長にこれは!と言う個体が出るまで頑張って増やして行こうかと思っています

去年生まれたメス2匹

NCM_0189.jpg

NCM_0187.jpg

1号、2号
今年は何をかけても中途半端になってしまうんで1回休み
しかしさすが親子そっくりです色以外は・・・
色だけ似てくれりゃ言う事ないんですが
やはり世の中そんなに甘くないですな・・・


来年レオパの繁殖はおもいっきり品種を絞ります
メラニスティックとハイポのみで行く予定です
ハイポはまた別の機会に時間のある時にゆっくりと親種の紹介を
してみたいと思います

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

19 : 03 : 35 | ヒョウモントカゲモドキ | コメント(0) | page top↑

ぶりくら市 2013

今年も参加させて頂きます。

ぶりくら市2013

場所:神戸サンボーホール
日時:2013年10月14日(月・祝)
時間:11:00~16:00

ぶりくら市とは爬虫・両性類『エキゾチックアニマル』の国内繁殖個体の展示即売会です。

今年はセイブシシバナヘビの繁殖をお休みしています。
出品させて頂くのは、ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)・ナメハダタマオヤモリ(レビスレビス)です。
レオパは下記の通り品種は少ないですがご来場の際は是非とも当ブースへお立ち寄り下さい。

・スーパーハイポタンジェリン
・ハイポタンジェリン
・トレンパーアルビノ
・ホワイトアンドイエロー(W&Y)

タマオヤモリは今年はペアリングが遅かったので性別不明のベビーサイズを何匹か出せればと言う感じです

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

16 : 29 : 26 | イベント | コメント(2) | page top↑

ホシボシタマオヤモリ

NCM_0089.jpg


【ステラータス】

学 名 :Nephrurus stellatus(イシヤモリ亜科タマオヤモリ属)
和 名 :ホシボシタマオヤモリ
生息地 :南オーストラリア南部 エア半島他
最大全長:130mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等
生 態 :
最大で全長13cm程度。体色は茶褐色から乾燥した黄色っぽい土色までバリエーションに富み、背中には星を散りばめた様な白~黄色のスポットが全体的に入る。尾は細く先は丸い球状の形をしている。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で荒野や砂漠地帯に生息し、日中は地面に掘った穴でで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可能。砂漠の砂等を敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体が多いので、週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える。餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する様にする。適温は28℃~32℃
追記  :
南オーストラリアのエア半島他一地域に生息します。飼育は他のタマオヤモリと同じような環境で飼育可能です。サイズも全長130mm程度とレビスと同じ程度なのですが、尾が小さい分一回り程大きく感じられます。
今シーズンから飼育販売を始め来年の繁殖を目指していますのでまだ手探り状態な部分が多く、細部は今後修正いきたいと思っています。

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

15 : 58 : 17 | タマオヤモリ | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QR

にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2423位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
73位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。