スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

アンダーウッディサウルスミリー



【アンダーウッディサウルスミリー】

学 名 :Underwoodisaurus milii(イシヤモリ亜科アンダーウッディサウルス属)
和 名 :ナキツギオヤモリ 
生息地 :オーストラリア南部
最大全長:160mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等(個体差はあるが慣らせばピンセットからの給仕も可能)
生 態 :
最大で全長16cm程度。体色は黒紫から茶褐色(ハイポ個体も存在する)体全体に黄色のスポットが入り尾は黒く白色のバンドが入る。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で乾燥した森林や岩石地帯に生息し、日中は岩陰などで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可。穴掘りはほとんどしないので、砂漠の砂等を薄く敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。広さがあれば複数飼育も可能だが、相性が悪い場合はすぐに単独飼育に戻す様にする。雄同士は繁殖期など喧嘩やトラブルを避けるため基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体もいるので週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える基本置き餌(生餌)だが慣らせばピンセットからの給仕も可能。但し餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する事。適温は28℃~32℃比較的低温にも高温にも強く25℃~35℃位なら問題ないが蒸れには要注意、特に高温の場合は風通しを良くする事。
追記  :
同じオーストラリアに住むタマオヤモリとはイシヤモリ亜科は同じですが、ミリーはアンダーウッディサウルス属として別グループに分けられます。基本的な飼育は同じで今まで飼育してきた地表性イシヤモリOZゲッコーの中では、飼育も容易でオニタマと並んでお奨め出来るヤモリです。
よく価格的な面も含めタマオヤモリの代役的なポジションとして見られる事が多い本種ですが、上記にも述べた通りとても魅力的な種で、少し大きめのケージにテラリウムを作り上手くバランスを取りながら複数飼育をすればミリーの良さを十二分に味わう事が出来るでしょう。
定期的にヨーロッパ、アメリカからCBが入荷していて通年在庫はしていませんが興味がございましたら、まずはお問い合わせ頂けると幸いです。
当方でも昨年から数ペアの親種を確保していて、来年から自家繁殖個体の販売を予定しています。
     
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

13 : 54 : 46 | アンダーウッディ | コメント(0) | page top↑
<<ブラックナイト(メラニスティック)のベビー | ホーム | ホワイトアウト>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QR

にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
67位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。