スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ホシボシタマオヤモリ

NCM_0089.jpg


【ステラータス】

学 名 :Nephrurus stellatus(イシヤモリ亜科タマオヤモリ属)
和 名 :ホシボシタマオヤモリ
生息地 :南オーストラリア南部 エア半島他
最大全長:130mm
平均寿命:7~10年
飼育温度:28℃前後(ホットスポットは32℃前後)
餌   :コオロギ、ワーム、デュビア等
生 態 :
最大で全長13cm程度。体色は茶褐色から乾燥した黄色っぽい土色までバリエーションに富み、背中には星を散りばめた様な白~黄色のスポットが全体的に入る。尾は細く先は丸い球状の形をしている。地表性のヤモリで壁面を上る事は出来ない。夜行性で荒野や砂漠地帯に生息し、日中は地面に掘った穴でで休息している。
飼育  :
20×30cm(底面)程度のケージから飼育可能、立体活動は少ないので高さは無くても可能。砂漠の砂等を敷き日中隠れ家となるシェルターを用意する。基本単独飼育が望ましい。水場は設置するが認識しない個体が多いので、週に2~3回程度壁面に水滴がつく位の霧吹きをする。(水場で飲んでいる個体であれば7~10日に1回程度でも可)給餌は週2~3回食べきる量を与える。餌は常設せず食べ残した餌はこまめに撤去する様にする。適温は28℃~32℃
追記  :
南オーストラリアのエア半島他一地域に生息します。飼育は他のタマオヤモリと同じような環境で飼育可能です。サイズも全長130mm程度とレビスと同じ程度なのですが、尾が小さい分一回り程大きく感じられます。
今シーズンから飼育販売を始め来年の繁殖を目指していますのでまだ手探り状態な部分が多く、細部は今後修正いきたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

15 : 58 : 17 | タマオヤモリ | コメント(0) | page top↑
<<ぶりくら市 2013 | ホーム | デレアニ>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |

カテゴリー

最近の記事

FC2カウンター

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QR

にほんブログ村

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ペット
2028位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
爬虫類・両生類
51位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。